toramp

トランプ勝利の米大統領選

トランプ勝利の米大統領選

話題を呼んだ米大統領選で大方の予想に反してトランプ氏が勝った。

toramp

翌日、日本の有力紙は社説で次のように報じた。

「トランプ氏勝利の衝撃走る・冷静に日米同盟を再構築したい」(読売)

「危機に立つ米国の価値観」(朝日)

「世界の潮流を懸念する」(毎日)

「自由の国であり続けよ・新同盟関係へ日本は覚悟を」(産経)

「米社会の亀裂映すトランプ選出」(日経)

「民衆の悲憤を聞け」(東京)

 

視点の軸足を、日米同盟に置くか、米国への懸念に置くか、対照的な二つの論調に分かれた。

事前に振り上げていたこぶしの落とし所がなく、このような論調にせざるを得なかったとの見方も。

その後の状況はどうか?

私なりに、さしあたり関心の高い2つのポイントに絞りその後の状況を整理してみたい。

•  市場の反応はどうか?

波乱(マイナス)を予想するマスコミが多かったが、むしろ株や円相場は今のところ好反応を示している。

先行きについても、金融政策をめぐるFRB議長のスタンスの違いをまことしやかに報ずるメデイアもあるが、果たしてそうなのか?市場はどう受け止めるか?

  • 外交とくに日米同盟は?

米の保護主義台頭に懸念する声が多かったが、今のところトランプ氏の軌道修正発言もあり、安堵する向きが少なくない。

当初の共和党内泡沫候補からのしあがるには「あの程度の過激発言が必要で、むしろ戦略だったのでは?」との見方も。

いち早く安部首相が訪米し異例の直接対談を評価する声が多い(欧州やアジア諸国トップからも直接対談の要請が相次いでなされたが、長期リーダーかどうかで軍配が上がったとの説も)。

ともかく、何かと話題が多く、物議をかもした選挙ではあったが、ひとまず胸をなでおろした向きが少なくないのでは。

 

 

 

 

 

この記事もおすすめです:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です