tanabata

東京有名会のこと

1985年頃、日銀名古屋支店に営業課長職として勤務したことがある。

tanabata

まさに同じ年の9月、アメリカはレーガン政権下で敏腕のベーカー財務長官がリードしてプラザ合意がなされ、その後途方もない急ピッチで円高が進行、わずか2年ほどで1ドル260円から130円へと突入していった時期であった。

たまたま、時の澄田総裁のお供で名古屋のとあるホテルでの講演会に出かけたが、もちろん未曽有の円高への世間の批判は強く、不測の事態回避のための警備陣の配備も尋常ではなかった。

総裁も、講演のさなか、「今入っていた情報では1ドル203円(実際は213円)になっております」と10円も間違え慌てて講演の最後に訂正する、といったあってはならないハプニングにまで見舞われた。

そんなあわただしい頃、かって出向していた頃に親しくなった開銀(今の政策投資銀行)の飯倉企画調査課長と頻繁に情報交換していたが、とある日のこと「朝日新聞の名古屋経済部長に箱島さん(のちの朝日新聞社長)という面白い人がおられるので、一度会って食事でもしないか?」という話を持ち掛けられ、二つ返事でお受けした。

その後会合の仲間は、日経新聞名古屋支局、NTT名古屋支店、東海財務局、中部通産局などのやはり中間管理職仲間へと輪が広がり、さらに東京に転勤してからも「東京有名会」という名前で、毎年一回七夕の前後の金曜日夕方に「まるでおりひめとひこぼしのように天の川を挟んで出逢い」お互いの消息を確かめ合うようになった。

今年の7月7日はまさしく金曜日で、総勢13名の仲間が集まり、この一年間の自己反省とこれからの一年の自らの研鑽計画を披露しあったが、なにしろ名うての論客ぞろいとあって、話題はかなり多岐にわたり、戦後の日本政治をどう考えるか、憲法改正問題の行方、安倍政権の評価、小池都知事の手腕、といった生々しい話から少子化問題の行きつく先、黒田日銀総裁の現下の金融政策と歴代中央銀行総裁論等々ともかくアルコールの勢いも借りて夜更けまで熱い天下国家論が飛び交った。

来年はどんな年になっているか?議論にさらに磨きをかけ、意気軒高な「東京有名会」での七夕再会を約してお開きとなった。

この記事もおすすめです:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です