コンサルタント紹介

俣野謙太郎(またのけんたろう)プロフィール

株式会社MRI シニアコンサルタント 1968年東京都生まれ。
大学は米国で経営学を専攻。

学生時代は経営学そのものよりも、多民族国家の中で「コミュニケーションの重要性」を学ぶ。
1999年、当時働いていた企業からの転職を考えて転職エージェントに相談していたところ、そのエージェントに「ヘッドハンターにならないか」と口説かれ、人材コンサルタントとしてのキャリアをスタートさせる。
最初に支援を成功させたキャンディデイト(候補者)は外資系企業へ入社。現在ではフランスの本社に勤務しており、15年経った現在でもご連絡を頂く。
最初は電話一本からの繋がりで、キャンディデイトの人生が大きく変わり、以降も感謝されつつご縁が続くことに大きな魅力を感じ、エグゼクティブ・サーチの奥深さ・面白さに気付く。
とは言え、特に当初はうまく行くことばかりはなく、失敗した経験も多い。
大学時代の経験からコミュニケーション力には自信があったものの、少しでもタイミングがずれると、途中までうまく行っていたものが崩れてしまうことを経験。

「タイミングは一期一会」と肝に命じ、常に笑顔と第一印象に気を配り、「説得ではなく、心を開いて貰うこと」を信条とするようになった。
その結果、クライアント企業やキャンディデイトと深くコミットできるようになり、キャンディデイトの転職が成功するだけでなく、ミスマッチがほとんど起こさなくなった。
現在でも転職後に大きく飛躍するキャンディデイトが多く、また、そのようなキャンディデイトを紹介したクライアント企業からのリピートも多い。
2009年、MRIに入社。これまでのクライアント企業からのリピートに加え、MRIが保持する大企業およびベンチャー・中小企業との深いネットワークを活かし、「クライアント企業とキャンディデイト」の双方を活かす人材採用をさらに加速させている。

【趣味】
ゴルフ、読書
【経歴】
1968年 東京都生まれ。
1994年 米国にて大学卒業(経営学専攻)。
1994年 安全自動車株式会社入社。
1999年 エグゼクティブ・サーチを行う人材会社に入社。人材コンサルタントとしてのキャリアをスタートさせる。
2009年 株式会社MRI入社。 
エグゼクティブ・サーチ歴15年。
企業と候補者に深くコミットし、双方が活きるマッチングを実践してきた。
<事例>
消費財会社の部長職→外資系子会社の役員として入社後、社長へ昇格
国内の情報サービス会社→外資系日本法人に営業として入社後、アジア・パシフィックのトップを経て、現在はオランダ本社の役員へ昇格 など
【信条】
誠実であること。
ビジネスでは説得ではなく心を開いて貰うことが重要であり、そのためにどんな時でも笑顔と第一印象に気を使うことを忘れない。