社長ブログ

2020年の大河ドラマは明智光秀が主人公に

2018/04/30   -社会

先日、東京オリンピック開催と同じ2020年の大河ドラマに、明智光秀が主人公の「麒麟がくる」と決まり、しかも光秀役は目下人気俳優として名高い長谷川博己がやる、ということで、福知山の仲間たち(小学校時代の …

わくわくスパイ映画「レッド・スパロー」を観る

2018/04/23   -映画

このところとりわけ洋画に話題作が多く、どれを観るか迷うことが多い。 「ウインストン・チャーチル」と「ペンタゴン・ペーパーズ」が相次いで上映された。 前者はとくにアカデミー賞のメイクアップ部門で日本人が …

色とりどりの春の息吹

2018/04/16   -出来事

今年の桜は例年よりも早かった。 上野公園や近場の桜並木、美浜公園、若潮公園でしばし桜と戯れたが、早くからセットしていたいくつかの同窓会での桜見物は山場を過ぎていたため、いずれも「花より団子」の集いとな …

山本周五郎の「寝ぼけ署長」を読み返す

2018/04/09   -書籍

ちょっと前になるが、このブログで山本周五郎作品の「青べか物語」をご紹介したことがある。 山本周五郎は藤沢周平と並んで、かつて片っ端から読み漁った大好きな作家のひとりであり、しかも今住んでいる千葉県浦安 …

水泳との長い付き合い

2018/04/02   -出来事

鳥取の田舎町で生まれ、幼少期を過ごした。 戦後色があちこちに残り、若いアメリカ兵が退役将校の父に連れられて時々自宅にやってきた。ジャック(白人)とクロウ(黒人)のふたりには可愛がられ、チョコレートをよ …

歯痛薬の眠気から肝心なシーンを見逃す失態

2018/03/26   -出来事

後期高齢者に仲間入りした。 いろいろなところにガタがくる。 視力の衰えはさほどなく、まだ老眼鏡のお世話にはなっていないが、腰痛や肩痛に悩まされることは少なくない。 先日、春の訪れを待って久しぶりにゴル …

「鋼のメンタル」を読む

2018/03/19   -書籍

このところ、「永遠のゼロ」や「海賊と呼ばれた男」などで話題作を世に出し、一方で「カエルの楽園」や「大放言」などではとかく物議をかもしている、元放送作家の百田尚樹の「鋼のレンタル」を面白く読んだ。 「他 …

「挺差一尺」を読む

2018/03/12   -書籍

東京に住む京都山城高時代の同級生たちと時々会う。 その中に、無類の読書好きがいて、結構気に入った作品があると一読を薦めてくれる。 京大では当初文学部に入学、2年生から経済学部に転部したが、本好きは今も …

福井の豪雪

2018/03/05   -社会

今年の冬は雪が多く、北陸地方も記録的な豪雪に見舞われた。 特に福井では県内の国道8号で1500台もの車が立ち往生自衛隊が出動し除雪作業に当たるなど、昭和56年以来37年ぶりの豪雪に見舞われた日もあった …

平昌五輪を振り返って

2018/02/26   -社会

2月ラストの日曜日で18日間の平昌冬季五輪の熱戦の幕が下りた。 開催までは、ロシアのドーピング問題や北朝鮮との南北合同チーム結成などが絡み、何かと気をもんだ平昌大会ではあったが、幕が開くと日本選手の活 …