社長ブログ

「 投稿者アーカイブ:MRI管理者 」 一覧

大文字の送り火

2019/08/15   -出来事

青春時代を過ごした京都の地では、毎年8月16日は「大文字の送り火」と呼ばれる盛大な祭礼が厳かに行われ、全国から多くの観光客が訪れる。 この京の地では、「葵祭」「祇園祭」「時代祭」と並んで京都の四大行事 …

名医との出会いに感謝

2019/08/05   -出来事

  ※大橋の体調の関係で長らくブログを休刊しておりましたが、過日業務に復帰し、ブログについても再開していきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。 4月のとある日の明け方、突然の頭痛で目が …

no image

ブログ休載のお知らせ

2019/04/22   -未分類

しばらく原稿作成に取り組むため、当面の間、ブログを休載させていただきます。

「運び屋」を観る

2019/04/15   -映画

クリント・イーストウッドの最新メガホン作「運び屋」を観た。 90歳に喃々とするこの老監督,しかも麻薬組織の「運び屋」という難しい役を見事に演じ 切っているから驚きだ。 ハリウッドのスーパー・レジェンド …

平成から令和へ

2019/04/08   -社会

平成が31年で終わり、新しい令和の時代になった。 平成はどんな時代だったのか?どんな出来事があったか?自らの体験も踏まえつつ、少し 振り返ってみたい。 昭和が終わるころ、日銀の中間管理職を終え、支店長 …

「会社人生、五十路の壁」

2019/04/01   -書籍

江上剛という作家の本である。 サラリーマンの分岐点というサブタイトルがついている。さほど有名ではないが、以前か ら少し気になっていた作家なので、初めて手にした。 1954年兵庫県生まれで、早稲田大学卒 …

イチローの引退に思う

2019/03/25   -出来事, 社会

日米通算4367安打というとてつもない快挙を成し遂げ、28年間貫いた野球人生に幕を閉じた、マリナーズのイチロー外野手に日本列島が沸き返っている。 プロスポーツ界ではオリンピックで2大会連続金メダルに輝 …

「最後の頭取」を読む

2019/03/18   -書籍

日本経済がまだ高度成長の余韻に浸り、都長銀信託というメガバンクが23行もあった頃、 日銀営業局で三井、長銀、拓銀の三つの銀行を担当していた。 今となってはいずれも姿を消しているが、都銀しんがりの拓銀は …

スポーツマンだった「弟」

2019/03/11   -出来事

年が明けて間もないころ、愛する弟が73歳でスポーツマン人生の幕を閉じた。 5年前から肺がんを患い、免疫療法や放射線治療等が功を奏し一時復帰して仕事も再開し ていたが、やはりがん細胞との闘いに勝てず、静 …

小さな混声合唱団の演奏会に足を運ぶ

2019/03/04   -出来事

この2月は寒い日が多く、雪に見舞われることもあったが、その週末は久しぶりに穏やかな一日となった。 東西線神楽坂駅から徒歩一分、音楽の友ホールで「昌平コール・アブサンズ」という名のささやかな混声合唱団の …