社長ブログ

書籍

2冊の「本」を一気読み

投稿日:2017年12月25日 更新日:

最近、アメリカでもっとも稼いだ映画とされる注目作「GET OUT(ゲット・アウト)」を観た。

とある週末、暇に任せてまったくジャンルの異なる2冊の「本」を一気読みした。

時々こんなことがある。

一つは今人気の漫画本「君たちはどう生きるか」である。吉野源三郎の有名な原作で、これを漫画家の羽賀翔一が描いた。

原作文も漫画の合間を縫って記述されており、漫画そのものもなかなかの出来栄えである。

かって読まれた方はご存知の通り、主人公の中学生コペル君が同居するおじさん(父は亡くなている)のアドバイスで人間としてあるべき姿を求め続け成長していく。

歴史的名著がこのような形で80年の歳月を経て漫画化されたのは初めての試みではなかろうか。

今回の人気に便乗して漱石の「坊ちゃん」や「こころ」などもいつの日か漫画化されるかもしれない。

もう一冊は、全く畑違いの「ビットコインのからくり」である。

内外の金融界はもとより、私どもの生活ともかかわりの深い「仮想通貨」について、果たして良貨になりうるのか、電子マネーやクレジットカードとどう違うのか、その背後に潜む数学や暗号技術と経済そのものへの影響などその「からくり」について、わかりやすく説明している。

この分野に詳しいと目されるエコノミスト(吉本佳生)とジャーナリスト(西田宗千佳)の共著である。

冒頭、「今から300年以上前の1694年イングランド銀行が設立されたが、その際に英王立造幣局長官の座に就任、国家発行貨幣の守護者となったのが偉大な数学・物理学者のアイザック・ニュートンであった。

このニュートンは長官として多額の報酬を得たが、その後英国史上最悪といわれる「南海バブル」に巨額の投資をして大損した。

これがバブルという経済用語の語源である」といった興味深いエピソードも紹介されその事実に驚かされる。

どうやら、ニュートンの素顔は万有引力の法則を発見した「リンゴの木」のだけ人物ではなさそうである。

難しい数学や暗号の世界がわかりやすく解説されており、著者同士の対談も平易な語り口で参考になるところが多く、幅広く読まれることを期待したい。

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「鋼のメンタル」を読む

このところ、「永遠のゼロ」や「海賊と呼ばれた男」などで話題作を世に出し、一方で「カエルの楽園」や「大放言」などではとかく物議をかもしている、元放送作家の百田尚樹の「鋼のレンタル」を面白く読んだ。 「他 …

「会社人生、五十路の壁」

江上剛という作家の本である。 サラリーマンの分岐点というサブタイトルがついている。さほど有名ではないが、以前か ら少し気になっていた作家なので、初めて手にした。 1954年兵庫県生まれで、早稲田大学卒 …

樹木希林「一切なりゆき」を読む

先日、75歳の生涯を終えた樹木希林(悠木千帆)の言葉集「一切なりゆき」が出版され、書店に平積みされているので、手に取ってめくっていった。立ち読みしているうちに引き込まれ購入した。   話題に …

「挺差一尺」を読む

東京に住む京都山城高時代の同級生たちと時々会う。 その中に、無類の読書好きがいて、結構気に入った作品があると一読を薦めてくれる。 京大では当初文学部に入学、2年生から経済学部に転部したが、本好きは今も …

「藤沢周平のこころ」を読む

本コラムで、司馬遼太郎、山本周五郎そして、藤沢周平が三大愛好作家であることには再 三触れさせていただいた。 先日、周五郎の長編小説「樅の木は残った」を読了、伊達藩騒動で濡れ衣を着せられる原 田甲斐の生 …