社長ブログ

社会

貴乃花の引退騒動をどう考える

投稿日:2018年10月1日 更新日:


先日、大横綱として一時代の大相撲人気を背負った貴乃花(親方)が公益財団法人「日本相撲協会」へ引退届を提出、相撲界はもとより大げさに言えば国を挙げての大騒ぎとなっている。

 

その背景にはいろいろな問題が絡んでおり、今後の成り行きが注目されている。

 

大相撲人気は、サッカーや野球に比べると「いまいち」の感は否めないが、場外での話題はこのところ結構かまびすしい。

 

今回の「騒動」についてどう考えるか?

 

いくつか、積年の問題が表面化しているところもなきにしも?の感がする。

 

私見も交えつつ、素人なりに整理してみると、以下のような素朴な疑問、課題が見え隠れする。

 

  • そもそも「国技」であるはずの大相撲がなぜ、これほどまで外国人力士(特にモンゴル勢)に席捲されるまでになったのか?

 

  • 公益財団法人「日本相撲協会」の財政状態、特に税制面での恩典はどうなっているのか?

 

  • それはなぜか?

 

  • 柔道、レスリング、ボクシングのような階級制がないのはなぜか?

 

  • そもそも礼儀や振る舞いが大切な伝統スポーツとしての位置づけが重視されているはずだが、その点は果たしてどうなのか?
  • 貴乃花は現役時代からこの「礼儀」や「振る舞い」を重視してきた力士と称されてきたが、その彼が引退にまで追い込まれていったのはなぜか?

 

  • 子供たちや未来を背負う若者たちにとり「魅力ある相撲の世界」(大相撲に限らなくともいい)を復活させるにはどうすればいいか?

 

各種メデイア報道も、旧来型メデイア(TV,、新聞)から新しい電子媒体(UTUBE他)へと広がりつつあり、こうした新しい流れにも関心を高め、国技ならではの報道感性の高まりに期待したい。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

羽生(はにゅう)選手の連覇

今回の平昌冬季五輪では、フィギュアスケートで羽生選手が66年ぶりのオリンピック金メダル連覇という歴史的偉業を成し遂げた。 その日の日本列島はあちこちで「万歳三唱」のどよめきが巻き起こり、有力紙は号外ま …

フランスはどう少子化を克服したか

フランスはどう少子化を克服したか。 フランスは先進国の中でもいち早く少子化問題に直面していた。 そのフランスが、今やこの問題を克服し、なお人口が増え続けている。 そのヒントがこの本の中にいくつもちりば …

西郷どんの人気

歴史小説、時代小説、とくに剣豪物やドキドキ物にめっぽう強い友人がいる。 池波正太郎の「鬼平犯科帳」や藤田まことの「必殺シリーズ」に傾倒、テレビドラマも含めて、かなり詳しくいろいろ教わることが多い。 N …

W杯サッカーロシア大会雑感

かつてのプロ野球に代わって、サッカー人気がすごい。 なぜだろうか? 巨人、大鵬、卵焼の時代、プロ野球は9連覇のジャイアンツファンで列島は沸き返っていた。 スーパースター長嶋の登場とその背中を追いかけた …

今年の夏はなぜ暑い?

今年は梅雨明けが早く、7月下中には猛暑に見舞われ、埼玉県熊谷市では7月23日なんと 歴代最高の41,1度を記録したという。 9月上旬ころまで全国的に例年より高温が続き、秋の気温も平年を上回るとの見通し …