社長ブログ

社会

西郷どんの人気

投稿日:2018年5月28日 更新日:

歴史小説、時代小説、とくに剣豪物やドキドキ物にめっぽう強い友人がいる。

池波正太郎の「鬼平犯科帳」や藤田まことの「必殺シリーズ」に傾倒、テレビドラマも含めて、かなり詳しくいろいろ教わることが多い。

NHKで長く放映されている大河ドラマにも詳しく、最近の「真田丸」や「おんな城主直虎」のストーリーも詳細にわたり解説してくれ、いい加減に画面を追っている者としては、とても参考になる。

大河ドラマの歴史はかなり古く、「花の生涯」が皮切りで先代尾上松緑が井伊直弼を演じたのが何と昭和38年だというから、大学に入りたての頃である。

印象に残っているのが、「太閤記」でさっそうとデビューした在りし日の緒形拳そして「義経」の先代尾上菊之助のえもいえぬ美しさ、「黄金の日々」の先代染五郎のたくましさなどが今も目に浮かぶ。

最近は大河人気にも陰りが見え、視聴率もパッとしないようだ。

現在放映中の「西郷どん」について、「さいごうどん」と発言したところ、早速大河ファンの冒頭の友人から「せごどん」と指摘され、それもあってこのところ日曜日夕方になるとこの番組にむかうことが結構多くなってきた。見始めるとなかなかのもので、特に最近の奄美大島での「流人シリーズ」は主役の鈴木亮平君の熱演ぶりや二階堂ふみちゃんのいじらしい島娘ぶりにも知らぬ間にひき込まれたりしている。

テレビの視聴率も、地上波ではパッとしないが、BSでは早くも5%を超え「真田丸」のころを大幅に上回っている。その原因は、BSが地上波より2時間早く放映されしかもこの時間帯は裏番組にニュースが多いこと幸いしているとのことである。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

W杯サッカーロシア大会雑感

かつてのプロ野球に代わって、サッカー人気がすごい。 なぜだろうか? 巨人、大鵬、卵焼の時代、プロ野球は9連覇のジャイアンツファンで列島は沸き返っていた。 スーパースター長嶋の登場とその背中を追いかけた …

M-1 グランプリ

最近、漫才や落語を聞く機会が増えてきたように思う。 大阪の北野天満宮近くに「繁昌亭」というこじんまりとした落語寄席の小屋があるが、そこで若手落語家4人の噺を聴く機会があった。 それぞれになかなかの芸を …

稲盛さんの「盛和塾」解散について

先日、京セラ創業者のカリスマ経営者稲盛さんが「来年末をもって盛和塾を解散、36年の 幕を閉じる」と公表し、衝撃が走った。 国内外に56(うち海外44)の塾を開講、14千人もの塾生を生んできたという。 …

重陽の節句と台風15号

9月9日は「重陽の節句」と呼ばれる。 「人日(じんじつ、正月七日)の節句」や「桃の節句」「端午の節句」「七夕の節句」などと並んで、旧暦五節句の一つとされるが、この「重陽の節句」だけは今一つなじみがない …

平昌五輪を振り返って

2月ラストの日曜日で18日間の平昌冬季五輪の熱戦の幕が下りた。 開催までは、ロシアのドーピング問題や北朝鮮との南北合同チーム結成などが絡み、何かと気をもんだ平昌大会ではあったが、幕が開くと日本選手の活 …