社長ブログ

社会

羽生(はにゅう)選手の連覇

投稿日:2018年2月19日 更新日:

今回の平昌冬季五輪では、フィギュアスケートで羽生選手が66年ぶりのオリンピック金メダル連覇という歴史的偉業を成し遂げた。

その日の日本列島はあちこちで「万歳三唱」のどよめきが巻き起こり、有力紙は号外まで発刊するなど沸きに沸いた。

各国メデイアも、「霊妙な美しさを見せつけた」(NYタイムス)、「氷上のマイケルジャクソン」(英紙インデイペンデント)、「王子から皇帝に」(中央日報)、と絶賛の報道が相次いだ。

4分半のフリー演技に酔いしれた観客の中には、踊り終えた彼が両手で右足首を包み、片膝をついてリンクの氷に掌で触れた姿に思わず号泣したファンもあったという。

昨年11月にNHK杯の公式練習中に右足首を痛め、氷に乗ることすらできない日々が続いたが、それでも自分を信じ復活へ向けてあらゆる努力を重ねた結果の金メダル、そのピンチを乗り越えてきたひたむきな彼の姿に流れる涙をぬぐえなかったのであろう。

報道陣の取材に、右足をさすりながら「よくがんばってくれた」と感謝の言葉を繰り返していたが、思わず胸が熱くなってきた。

高校一年の時に東日本大震災に遭遇、避難者生活も経験し、周囲の惨状に「このままスケートを続けていいものか」悩んだ時期もあったという。

前回のソチ五輪金メダルではそうした方々への恩返しと語っていたが、今回の連覇でも被災地の方々への感謝の気持ちを忘れなかった。

そうした羽生の背中を追いかけてきた宇野選手も初の五輪で銀メダルに輝いた。

日本としてはフィギュア界初の金銀ワンツーパンチとなり、歴史に残る五輪として長く語り継がれるであろう。

同じ日に、将棋界では王者羽生(はぶ)が中学生の藤井新六段に敗れ、同じ羽生姓の明暗記事が躍った。

システムに強いいたずら好きの友人から、「暇な人が、羽生選手の金メダル画像をアップすれば将棋の羽生名人の画像が近い構図で送られてくると教えてくれた。

タグ反則気味だが興味のある方はどうぞ」とこっそり紹介してきた。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

W杯サッカーロシア大会雑感

かつてのプロ野球に代わって、サッカー人気がすごい。 なぜだろうか? 巨人、大鵬、卵焼の時代、プロ野球は9連覇のジャイアンツファンで列島は沸き返っていた。 スーパースター長嶋の登場とその背中を追いかけた …

「安全か?」「安心か?」そして「快適か?」

金融界に長く身を置いていたが、ある日突然「民営化された高速道路会社の経営をやってほしい」との全く場違いな話が見込んできたのはいまから5~6年前のことである。 「どうしてですか?」と尋ねたところ、「民営 …

大坂なおみの快挙と歴史に残る全豪オープン

今回の全豪オープンでは、大坂なおみの快挙とともに、歴史に残る様々な出来事があった。 大坂選手の全米に続いての快挙は、この21歳の若きプレイヤーが世界のテニス界の女王 としてしばらく君臨する予兆を思わせ …

官民ファンド「産業革新投資機構」の全役員辞任に思う

政府主導で民間資金も呼び込み、産業界の新陳代謝を促すと期待されて船出した「産業革 新投資機構」であるが、このほど民間出身の全取締役の辞任により暗礁に乗り上げた。 これまでの経緯を見ると、大株主である国 …

イチローの引退に思う

日米通算4367安打というとてつもない快挙を成し遂げ、28年間貫いた野球人生に幕を閉じた、マリナーズのイチロー外野手に日本列島が沸き返っている。 プロスポーツ界ではオリンピックで2大会連続金メダルに輝 …