社長ブログ

ビジネス 社会

稲盛さんの「盛和塾」解散について

投稿日:

先日、京セラ創業者のカリスマ経営者稲盛さんが「来年末をもって盛和塾を解散、36年の
幕を閉じる」と公表し、衝撃が走った。
国内外に56(うち海外44)の塾を開講、14千人もの塾生を生んできたという。
理由は「高齢(86才)で塾活動への積極参加が難しくなってきたため」とのことである。
京セラ経営はもとより、第二電電(現KDDI)を誕生させ、JALの再建を見事に成し遂げた
場面でも、ともかく「現場主義」「アメーバ経営」を自ら率先して推進してきた名経営者
ならではの決断であり、その生きざまがもろに伝わってくる。
松下幸之助翁、本田宗一郎さんそして尊敬する小倉昌男さんと優れた経営者から学んだと
ころが数多あるが、稲盛さんからも多くのことを学んだ。
以下座右の書である「考え方」の中から教わったところを列挙してみたい。
まず、この名著の帯には「どんな境遇にあっても、ひたむきに、人間を磨く」とある。子
供の頃結核を患い、旧制中の受験に二度失敗、大学受験、就職試験にも失敗し、一時は「
インテリやくざ」にでもなろうかと失意が続いた青春時代の生々しい教訓が胸に響く。
そのほか本書の1~9の各章では、人生や仕事を考えるときの氏ならでは実践に裏打ちさ
れたメッセージが伝えられており、いずれも含蓄がありこの上なく示唆に富んだものとな
っている。
「大きな志を持つこと」
「常に前向きであること」
「努力を惜しまないこと」
「誠実であること」
「創意を凝らすこと」
「挫折にへこたれないこと」
「心が純粋であること」
「謙虚であること」
「世のため人のために行動すること」
そして終章では「善き思いに満ちていること」と結ばれている。
7~8年前、都内のとあるホテルで稲盛さんの特別講演を直にお聞きしたことがあるが、や
はり穏やかで静かな語り口の中でこうした人生哲学について自らの挫折体験も織り交ぜな
がら語られ、深い感銘を覚えたことがあり、その時のことが懐かしく思い出されてきた

-ビジネス, 社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

W杯サッカーロシア大会雑感

かつてのプロ野球に代わって、サッカー人気がすごい。 なぜだろうか? 巨人、大鵬、卵焼の時代、プロ野球は9連覇のジャイアンツファンで列島は沸き返っていた。 スーパースター長嶋の登場とその背中を追いかけた …

貴乃花の引退騒動をどう考える

先日、大横綱として一時代の大相撲人気を背負った貴乃花(親方)が公益財団法人「日本相撲協会」へ引退届を提出、相撲界はもとより大げさに言えば国を挙げての大騒ぎとなっている。   その背景にはいろ …

今年の夏はなぜ暑い?

今年は梅雨明けが早く、7月下中には猛暑に見舞われ、埼玉県熊谷市では7月23日なんと 歴代最高の41,1度を記録したという。 9月上旬ころまで全国的に例年より高温が続き、秋の気温も平年を上回るとの見通し …

北海道南西部地震に思う

平成が終わろうとしているが、始まって間もないころ(今から30年前)、二年半ほど釧路 に赴任していたことがある。 たくさんの思い出があり、北海道は懐かしい土地である。 温泉が多く地震災害は少なくない地域 …

官民ファンド「産業革新投資機構」の全役員辞任に思う

政府主導で民間資金も呼び込み、産業界の新陳代謝を促すと期待されて船出した「産業革 新投資機構」であるが、このほど民間出身の全取締役の辞任により暗礁に乗り上げた。 これまでの経緯を見ると、大株主である国 …