社長ブログ

ビジネス 社会

稲盛さんの「盛和塾」解散について

投稿日:

先日、京セラ創業者のカリスマ経営者稲盛さんが「来年末をもって盛和塾を解散、36年の
幕を閉じる」と公表し、衝撃が走った。
国内外に56(うち海外44)の塾を開講、14千人もの塾生を生んできたという。
理由は「高齢(86才)で塾活動への積極参加が難しくなってきたため」とのことである。
京セラ経営はもとより、第二電電(現KDDI)を誕生させ、JALの再建を見事に成し遂げた
場面でも、ともかく「現場主義」「アメーバ経営」を自ら率先して推進してきた名経営者
ならではの決断であり、その生きざまがもろに伝わってくる。
松下幸之助翁、本田宗一郎さんそして尊敬する小倉昌男さんと優れた経営者から学んだと
ころが数多あるが、稲盛さんからも多くのことを学んだ。
以下座右の書である「考え方」の中から教わったところを列挙してみたい。
まず、この名著の帯には「どんな境遇にあっても、ひたむきに、人間を磨く」とある。子
供の頃結核を患い、旧制中の受験に二度失敗、大学受験、就職試験にも失敗し、一時は「
インテリやくざ」にでもなろうかと失意が続いた青春時代の生々しい教訓が胸に響く。
そのほか本書の1~9の各章では、人生や仕事を考えるときの氏ならでは実践に裏打ちさ
れたメッセージが伝えられており、いずれも含蓄がありこの上なく示唆に富んだものとな
っている。
「大きな志を持つこと」
「常に前向きであること」
「努力を惜しまないこと」
「誠実であること」
「創意を凝らすこと」
「挫折にへこたれないこと」
「心が純粋であること」
「謙虚であること」
「世のため人のために行動すること」
そして終章では「善き思いに満ちていること」と結ばれている。
7~8年前、都内のとあるホテルで稲盛さんの特別講演を直にお聞きしたことがあるが、や
はり穏やかで静かな語り口の中でこうした人生哲学について自らの挫折体験も織り交ぜな
がら語られ、深い感銘を覚えたことがあり、その時のことが懐かしく思い出されてきた

-ビジネス, 社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

平昌五輪を振り返って

2月ラストの日曜日で18日間の平昌冬季五輪の熱戦の幕が下りた。 開催までは、ロシアのドーピング問題や北朝鮮との南北合同チーム結成などが絡み、何かと気をもんだ平昌大会ではあったが、幕が開くと日本選手の活 …

記録的寒波襲来と釧路の思い出

今年の冬は寒く、1月下旬に入り都心では最低気温が1970年1月以来48年ぶりの零下4度を記録した。 日陰になるとところどころ雪が残り、凍結した路面をおそるおそる歩きながら会社に向かうサラリーマンの姿が …

フランスはどう少子化を克服したか

フランスはどう少子化を克服したか。 フランスは先進国の中でもいち早く少子化問題に直面していた。 そのフランスが、今やこの問題を克服し、なお人口が増え続けている。 そのヒントがこの本の中にいくつもちりば …

2020年の大河ドラマは明智光秀が主人公に

先日、東京オリンピック開催と同じ2020年の大河ドラマに、明智光秀が主人公の「麒麟がくる」と決まり、しかも光秀役は目下人気俳優として名高い長谷川博己がやる、ということで、福知山の仲間たち(小学校時代の …

七夕の西日本集中豪雨に思う

七夕の雨は牛車から飛び散るしぶきとされ、「洗車雨」とも呼ばれる。 牽牛が織姫との逢瀬に備えて牛車を洗車したとのたとえらしい。 今年の七夕の雨は、こんなロマンとは程遠く、とてつもない豪雨が西日本中心に襲 …