社長ブログ

出来事

神保町のレストラン

投稿日:


神田神保町に会社を移して、ほぼ10年になる。
古本屋街で有名だが、意外にもレストラン街としても知られており、特にカレーライス店
の多さには驚く。
カレー通が遠くからやってくることもあり、関西からわざわざやってきて、「カレーライ
ス」と「ライスカレー」を食べ比べているという凝り性の若者に出くわしたこともある。
ランチタイムになると、皇居近くの大手商社や新聞社、政府系金融機関などから足を運ぶ
人もあり、サラリーマン風の群れがあちこちにできる。
小生もランチでは和食、イタリアン、中華と日によってメニューを変えつつ、この群れの
中を人ごみを縫うようにして足早に歩く。
人気店となると、早くから人の列ができる。
一方で、閑散とした店はオープンしてさほど経たないのに、早々と看板が変わったりする
。場所にもよるが、やはり店員のサービスが大きく影響しているように思う。
お客さん目線を忘れ、店の都合を優先して、入るなり席を指定して座らせるところがある
が、こうした店は顧客離れが進む。
以前、人経費節減のためかお年寄りばかりで運営されていた老舗店で、注文した順序を間
違えいつまでたっても頼んだ食事が出てこなかった店に出くわしたが、いつの間にか姿を
消していた。
喫茶店競争も激しく、やはり年配の経営者で店員も中年女性で運営されていたレトロチッ
クな喫茶店があったが、近くの有名ブランド店に追い出されるように、閉店に追い込まれ
た。
一方で、老舗喫茶店ながら店員教育に注力しているのか、「お好きな席をどうぞ」とか
、「まずお席を確保してからご注文ください」という気の利いたセリフが飛び交う若者運
営の喫茶店は、正午を過ぎると席がほとんどなくなるほど繁盛しており、空席探しに苦労
する。
こうした顧客相手の商売では、特にサービス精神、店員教育の大切さがいろいろなところ
でうかがえ大変勉強になり、とかく顧客目線を忘れがちなベンチャー経営者に出くわすと
こんな日常の体験話を持ち出してアドバイスしたりしている。

-出来事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

歯痛薬の眠気から肝心なシーンを見逃す失態

後期高齢者に仲間入りした。 いろいろなところにガタがくる。 視力の衰えはさほどなく、まだ老眼鏡のお世話にはなっていないが、腰痛や肩痛に悩まされることは少なくない。 先日、春の訪れを待って久しぶりにゴル …

ヤマモモの季節

この季節になると、待望のヤマモモの実に出会うことが多い。 生り年と生らない年があるが、今年はどうやら生り年らしく、いろんなところで見かける。 かつて幼少期を過ごした鳥取の田舎家の庭にヤマモモの大木があ …

シルバーレデイの麻雀ブーム

このところ、周囲の同世代70~80台の老婦人たちの間で、麻雀人気が高まってる。 かつては麻雀と言えば、サラリーマン男子の娯楽で最も人気があり、「会社に行く日数よ りも麻雀の日のほうが多い」といった話も …

かき氷

猛暑続きのため、今回はひんやりとする「かき氷」でしばし。 東京駅近くのビル街地下においしいかき氷屋があった。 しばらくぶりに足を運んだところ閉店していた。 わかりにくい場所にあり客も少なかったので心配 …

私なりの健康法

身近な親族や親しい友人が、目下ガンと闘っている。 肺ガンが二人、前立腺ガンが一人である。 ほぼ同世代だが、中には50代半ばもいる。 その人たちのこの細胞との「闘い方」はそれぞれ異なるが、いろいろ教わる …