社長ブログ

出来事

短い秋と衣替え

投稿日:2018年10月29日 更新日:


猛暑に見舞われたこの夏、残暑も厳しかった。
さわやかな秋が待ち遠しかった。鈴虫やコオロギの鳴き声も聞きたかった。
ススキの穂を眺めながら、川べりのジョギングはしばし楽しんだ。
しかし、この楽しみも長続きしなかった。
このところ空気も冷たく、寒い朝は霜柱が立っていることもある。
早速、とある週末近くに借りている小さなトランクルームに出かけた。
冬物への衣替えである。
ルームの大半は、学生時代のノートや教科書、金融関係の古い書物そしてワイフのステン
ドグラスの具材などがびっしり詰まっており、その隅のダンボール衣装箱に冬物のコート
、ジャケット類がハンガーにぶら下がっていた。
これを取り出し、夏用のジャケット、シャツ類と入れ換えた。
来春の夏物との入れ換えまで、冬物はトランクルームで眠る。
住まいのマンションが小ぶりで、かつ書斎につながったクローゼットが狭いため、「窮余
の一策」として、この方式を編み出した。
ただ、年二回の利用はいかにも非効率で、ワイフからは思い切った「断捨離」が必要と迫
られているが、「忙しい」という口実でなかなか踏み切れないでいる。
かつて、職場の大先輩で金融論の学者であり、森鴎外の研究者でもあった尊敬する吉野俊
彦先生からじかに伺った「私は書斎のほかに鴎外研究書の詰まった小屋(トランクルーム)
を別途確保していたが、本がなかなか手放せず底が抜けてしまいました」との逸話を思い
出した。

-出来事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私なりの健康法

身近な親族や親しい友人が、目下ガンと闘っている。 肺ガンが二人、前立腺ガンが一人である。 ほぼ同世代だが、中には50代半ばもいる。 その人たちのこの細胞との「闘い方」はそれぞれ異なるが、いろいろ教わる …

落語のある小料理屋での同窓会

時々集まる同窓会仲間から「秋葉原にちょっと面白い小料理屋があるから、そこで暑気払 いをしないか?」との誘いがあった。 早速10数人が集って足を運んだところ、そこは「やきもち」という一風変わった名前のお …

色とりどりの春の息吹

今年の桜は例年よりも早かった。 上野公園や近場の桜並木、美浜公園、若潮公園でしばし桜と戯れたが、早くからセットしていたいくつかの同窓会での桜見物は山場を過ぎていたため、いずれも「花より団子」の集いとな …

小さな混声合唱団の演奏会に足を運ぶ

この2月は寒い日が多く、雪に見舞われることもあったが、その週末は久しぶりに穏やかな一日となった。 東西線神楽坂駅から徒歩一分、音楽の友ホールで「昌平コール・アブサンズ」という名のささやかな混声合唱団の …

200回を迎える「京都葵の会」

先日、長年の友人である小林勝輔君から久しぶりに電話がかかってきた。 用件は「このほど例の京都葵の会が200回を迎えるということで、記念誌を出すことになった。 いろんな方に寄稿していただいており、ぜひ貴 …