社長ブログ

社会

日本人初のメジャーリーガー

投稿日:

サッカー人気に押され、プロ野球ファンは少なくなったが、メジャーリーグで活躍する二
刀流の大谷翔平に胸躍らせるファンは少なくない。
ところで、「村上雅則」というプロ野球選手がいたのをご存じだろうか?
彼こそ日本人初のメジャーリーガーであり、南海の鶴岡監督に薦められてサンフランシス
コジャイアンツに野球留学、そのままメジャーデビュー日本人初のメジャー初勝利した知
る人ぞ知る名投手である。時は1964年、日本列島が東京オリンピックで沸き返っていた頃
とあって、スポーツ紙でもほとんど取り上げられなかった。
あの野茂投手がメジャーデビューしたのが30年後のことであり、その後イチローや田中将
大そして大谷翔平とこれまで50人を超えるメジャーリーガーが生まれているという。
先日、この村上雅則君がとあるラジオ番組で最近の日本人選手の活躍ぶりを、自らの思い
出を振り返りつつ楽しそうに語っていた。
ともかく、通訳なしで単身乗り込んだアメリカのプロ野球の世界、不安と戸惑いの連続で
あったが、それだけに「言葉の壁はいち早く乗り越え、たくましくなれた」ようだ。
ある試合でのこと、レフェリーの判定(当時はまだ人種差別が色濃く残っていた)に腹が
立ち、ロージンバッグをたたきつけたところ、そのレフェリーがやってきて「もう一度や
ったら即退場だ」と怒鳴られた。
その数日後、とあるレストランである初老の在米邦人が近づいてきて、涙ぐみながら手を
握って「よくやってくれた」となぐさめてくれたとのこと。
こんなエピソードを淡々と語ってくれた彼も今や74歳、「これからの大谷君たちの活躍が
楽しみである」と、うれしそうな声が伝わってきた。
そういえば、侍ジャパンが近くメジャーと対戦する。
4年前には日本が5勝(米4勝)して沸き返ったが、果たして今年はどうなるか?

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

平昌五輪を振り返って

2月ラストの日曜日で18日間の平昌冬季五輪の熱戦の幕が下りた。 開催までは、ロシアのドーピング問題や北朝鮮との南北合同チーム結成などが絡み、何かと気をもんだ平昌大会ではあったが、幕が開くと日本選手の活 …

七夕の西日本集中豪雨に思う

七夕の雨は牛車から飛び散るしぶきとされ、「洗車雨」とも呼ばれる。 牽牛が織姫との逢瀬に備えて牛車を洗車したとのたとえらしい。 今年の七夕の雨は、こんなロマンとは程遠く、とてつもない豪雨が西日本中心に襲 …

貴乃花の引退騒動をどう考える

先日、大横綱として一時代の大相撲人気を背負った貴乃花(親方)が公益財団法人「日本相撲協会」へ引退届を提出、相撲界はもとより大げさに言えば国を挙げての大騒ぎとなっている。   その背景にはいろ …

西郷どんの人気

歴史小説、時代小説、とくに剣豪物やドキドキ物にめっぽう強い友人がいる。 池波正太郎の「鬼平犯科帳」や藤田まことの「必殺シリーズ」に傾倒、テレビドラマも含めて、かなり詳しくいろいろ教わることが多い。 N …

官民ファンド「産業革新投資機構」の全役員辞任に思う

政府主導で民間資金も呼び込み、産業界の新陳代謝を促すと期待されて船出した「産業革 新投資機構」であるが、このほど民間出身の全取締役の辞任により暗礁に乗り上げた。 これまでの経緯を見ると、大株主である国 …