社長ブログ

社会

日本人初のメジャーリーガー

投稿日:

サッカー人気に押され、プロ野球ファンは少なくなったが、メジャーリーグで活躍する二
刀流の大谷翔平に胸躍らせるファンは少なくない。
ところで、「村上雅則」というプロ野球選手がいたのをご存じだろうか?
彼こそ日本人初のメジャーリーガーであり、南海の鶴岡監督に薦められてサンフランシス
コジャイアンツに野球留学、そのままメジャーデビュー日本人初のメジャー初勝利した知
る人ぞ知る名投手である。時は1964年、日本列島が東京オリンピックで沸き返っていた頃
とあって、スポーツ紙でもほとんど取り上げられなかった。
あの野茂投手がメジャーデビューしたのが30年後のことであり、その後イチローや田中将
大そして大谷翔平とこれまで50人を超えるメジャーリーガーが生まれているという。
先日、この村上雅則君がとあるラジオ番組で最近の日本人選手の活躍ぶりを、自らの思い
出を振り返りつつ楽しそうに語っていた。
ともかく、通訳なしで単身乗り込んだアメリカのプロ野球の世界、不安と戸惑いの連続で
あったが、それだけに「言葉の壁はいち早く乗り越え、たくましくなれた」ようだ。
ある試合でのこと、レフェリーの判定(当時はまだ人種差別が色濃く残っていた)に腹が
立ち、ロージンバッグをたたきつけたところ、そのレフェリーがやってきて「もう一度や
ったら即退場だ」と怒鳴られた。
その数日後、とあるレストランである初老の在米邦人が近づいてきて、涙ぐみながら手を
握って「よくやってくれた」となぐさめてくれたとのこと。
こんなエピソードを淡々と語ってくれた彼も今や74歳、「これからの大谷君たちの活躍が
楽しみである」と、うれしそうな声が伝わってきた。
そういえば、侍ジャパンが近くメジャーと対戦する。
4年前には日本が5勝(米4勝)して沸き返ったが、果たして今年はどうなるか?

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

羽生(はにゅう)選手の連覇

今回の平昌冬季五輪では、フィギュアスケートで羽生選手が66年ぶりのオリンピック金メダル連覇という歴史的偉業を成し遂げた。 その日の日本列島はあちこちで「万歳三唱」のどよめきが巻き起こり、有力紙は号外ま …

官民ファンド「産業革新投資機構」の全役員辞任に思う

政府主導で民間資金も呼び込み、産業界の新陳代謝を促すと期待されて船出した「産業革 新投資機構」であるが、このほど民間出身の全取締役の辞任により暗礁に乗り上げた。 これまでの経緯を見ると、大株主である国 …

福井の豪雪

今年の冬は雪が多く、北陸地方も記録的な豪雪に見舞われた。 特に福井では県内の国道8号で1500台もの車が立ち往生自衛隊が出動し除雪作業に当たるなど、昭和56年以来37年ぶりの豪雪に見舞われた日もあった …

平成から令和へ

平成が31年で終わり、新しい令和の時代になった。 平成はどんな時代だったのか?どんな出来事があったか?自らの体験も踏まえつつ、少し 振り返ってみたい。 昭和が終わるころ、日銀の中間管理職を終え、支店長 …

カルロス・ゴーン解任劇をどう考える

日産自動車救世主ともてはやされたカルロス・ゴーンが解任された。 この事態をどう考えるか? 様々な側面があり、単純に「ワンマン経営者の末路」とひとくくりにできないようである 。 確かに、日産再建のためル …