社長ブログ

書籍

情報学者落合陽一の警告書二冊

投稿日:2019年2月11日 更新日:

このところ最も注目している若手学者に「落合陽一君」がいる。

有名なあの落合信彦氏の子息であるが、このことはあまり知られていない。

彼が立て続けに日本への警告書ともいえる二冊の本を出した。

メデイアアーテイストといわれているが、筑波大の学長補佐で「学際情報学者」である。

彼の研究論文はその分野の最難関国際会議であるACMSIGGRPHやACM UIST,CHIなどに採択されているとのことである。

一つは昨年4月に書いた堀江貴文君との共著「10年後の仕事図鑑」であり、今一つは今年1月に出したばかりの「日本進化論」である。

何れもまさしく情報学の立場から、これからの日本について、数字を駆使しながら予測したもので、単なる学術書とは違い、どちらかと言えば「警告書」ともいえるものである。

前者では「希望の未来か、絶望か、決めるのは今だ」として、「新たに始まる世界で、君はどう生きるか」と問いかける。後者では、若手政治家の小泉進次郎君が対談の形で加わっており、「世界とは逆のトレンドに入る日本、人口減少社会は史上稀なるチャンスだ」とし、

ここでは「ポリテック(ポリテイックとテクノロジーの合成語)」という概念がしきりに登場する。

以下この二冊の本の概要を、主要目次を並べてご紹介したい。

「10年後の仕事図鑑」

・激動の時代を生きるあなたへ・・・・・「普通」が「普通」でなくなる時代AIに仕事を奪われても何ら問題はない

・すべてが逆転するこれからの生き方・・会社の未来、理想形は労働者=経営者会社員の未来、「無給でも働く」新しい会社員の形「保育士問題」にみる、みんなが幸せになる生き方くら寿司の半人力・半機械がこれからの最適解

・なくなる仕事・・・・・管理職、秘書、営業職、エンジニア、弁護士、会計士、教員、公務員、医師、銀行員、ドライバー、書店、テレビ、翻訳

・生まれる仕事・・・・・個人経営の店、職人、ドローン、ショービジネス、テレプレゼンスロボット、予防医療、宇宙開発、感情のシェア、観光業、AIを操る、音声認識技術

・お金の未来・・・・・・もう、現金はいらない、お金を貯めずに、信用を貯めろ

・日本の幸福と社会・・・学校はいらない、超高齢化社会も機械化で乗り越えられる、インターネットがたった20年で世界を変えた

・ピュアな情熱に導かれた自分の人生を生きよ・・波を待つな波を起こせ、「ワークアズライフ時代を生き抜く戦略、自分の頭で思考する癖のつけ方

「日本進化論」

・テクノロジーと日本の課題を探る・・「限界費用ゼロ」化へ、今必要なテクノロジーと社会のパラダイムシフト

・働くことへの価値観を変えよう・・終身雇用・年功序列は半世紀ほどの歴史、インフラ縮小社会が働き方を変える

・超高齢化社会をテクノロジーで解決する・・自動運転、ドライバー監視技術、コンパクトシテイ

・孤立化した子育てから脱却する・・・コミュニテイーで子育て、高齢者が勤労者を支え

これからの「子育てコミュニテイ」

・今の教育は生きていくために大切なことを教えているか・・日本の教育に「多様性」を、国内大学のライバルはオンライン、美学に基づいた価値を追求する人材を生み出す

・本当に日本の財源は足りないのか・・高齢化でもGDPが増えているデンマークに学べ、テクノロジーにより社会保障費を抑える

・人生100年時代のスポーツの役割とは・・健康のための運動から「Well ―being」へ、なぜ運動習慣が必要か

何れも、かなりの図表や数字を用いての解説となっており、なるべくわかりやすく説明しようと心掛けている(前者の方が包括的で、後者は具体的テーマに沿ったものが多い)。

かなり刺激的な内容であるが、その示唆するところ、その方向性にはうなずけるところも少なくない。

これからの若者と話し合う(場合によっては説教する)ときの参考として一読をおすすめしたい。

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

話題の書「府中3億円事件を計画・実行したのは私です」を読む

刺激的なタイトルで書店をにぎわせているこのタイトルの本を手にした。 読むかどうか? しばらくためらっていたが、白田という著者が書き出しで「読者の皆さん。ようやく心を 決めました。この場を借りて、ひとつ …

「挺差一尺」を読む

東京に住む京都山城高時代の同級生たちと時々会う。 その中に、無類の読書好きがいて、結構気に入った作品があると一読を薦めてくれる。 京大では当初文学部に入学、2年生から経済学部に転部したが、本好きは今も …

白川前日銀総裁の「日本銀行」を読む

5年後輩の白川前日銀総裁がハードカバーで700ページを超える大作「日本銀行」を世に出した。 まさしく日銀入行から総裁までの回顧録であり、彼の人柄や苦悩が得意の学識と筆力で多くの人に「読ませる 」素晴ら …

「会社人生、五十路の壁」

江上剛という作家の本である。 サラリーマンの分岐点というサブタイトルがついている。さほど有名ではないが、以前か ら少し気になっていた作家なので、初めて手にした。 1954年兵庫県生まれで、早稲田大学卒 …

樹木希林「一切なりゆき」を読む

先日、75歳の生涯を終えた樹木希林(悠木千帆)の言葉集「一切なりゆき」が出版され、書店に平積みされているので、手に取ってめくっていった。立ち読みしているうちに引き込まれ購入した。   話題に …