社長ブログ

出来事

小さな混声合唱団の演奏会に足を運ぶ

投稿日:2019年3月4日 更新日:

この2月は寒い日が多く、雪に見舞われることもあったが、その週末は久しぶりに穏やかな一日となった。

東西線神楽坂駅から徒歩一分、音楽の友ホールで「昌平コール・アブサンズ」という名のささやかな混声合唱団の演奏会があり、所属する娘(中・高・大・社会人と合唱部)の誘いもありワイフと足を運んだ。

「どうせアマチュア合唱団の趣味の場だろう」と高をくくっていたが、それがなかなかどうして、素人なりに結構な演奏で、しばし引き込まれ時間のたつのが惜しいくらいであった。

指揮者は東京芸大声楽科卒、ピアノは桐朋学園大ピアノ科卒の何れも本チャンで、当初神田の昌平小学校PTAメンバーが集まって始めてから、今年で20周年を迎えるという。

団員もチャーターメンバーの多くは還暦を超え始めているが、それなりに若返りも進み、ソプラノ、アルト、テノール各5人、バス4人、計19名の混成メンバーの声量もなかなかのもので、まさしく美酒「アブサン」の豊潤な香りを漂わせるほどであった。

今年で5回目の演奏会だが、ファンの輪が次第に広がり、会場に並べられた300人分の椅子席がほぼ満杯となっていた。

演目は以下の通り3つのステージに分かれていたが、それなりに工夫されており、聞き覚えのある曲目が多く、楽しいひと時となった。

(第1ステージ)
「一番はじめは」・・無伴奏混声合唱団のための7つの子ども歌より
「南海にて」・・日本民謡による混声合唱のためのコンポジション「南へ」より

(第2ステージ)
混声合唱組曲「水のいのち」・・・①雨
                ②水たまり
                ③川
                ④海 
                ⑤海よ

(第3ステージ)
朝ドラテーマ曲より
「若い広場」・・「ひよっこ」(1017年)主題歌(作詞、作曲桑田佳祐)
「いのちの歌」・・「だんだん」(2009年)主題歌(作詞Miyabi、作曲村松崇継)
「365日の紙飛行機」・・「あさが来た」(2015年)主題歌(作詞秋元康、作曲角野寿和・青葉紘季)
「晴れたらいいね」・・「ひらり」(1992年)主題歌(作詞、作曲吉田美和)
「ありがとう」・・「ゲゲゲの女房」(2010年)主題歌(作詞、作曲水野良樹)

最後のアンコールの2曲もなじみの深いもので、満員の聴衆の拍手がしばらく鳴りやまなかった。

-出来事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私なりの健康法

身近な親族や親しい友人が、目下ガンと闘っている。 肺ガンが二人、前立腺ガンが一人である。 ほぼ同世代だが、中には50代半ばもいる。 その人たちのこの細胞との「闘い方」はそれぞれ異なるが、いろいろ教わる …

今年の初詣

以前は明治神宮や川崎大師にまで足を運び、なんと2~3時間の行列もものともせず、参拝していた初詣だったが、最近は老境に入り近場で済ませることが多くなってきた。 最寄りの地下鉄東西線で門前仲町駅を降りると …

200回を迎える「京都葵の会」

先日、長年の友人である小林勝輔君から久しぶりに電話がかかってきた。 用件は「このほど例の京都葵の会が200回を迎えるということで、記念誌を出すことになった。 いろんな方に寄稿していただいており、ぜひ貴 …

加療中の義妹夫妻を見舞う

先日、そぼ降る雨の中、奈良で獣医を営む義妹夫妻を見舞った。 ワイフとは小学校の同級生で1~2年生の時はクラスも同じで時々学校帰りに彼女の家に 立ち寄ったりしていたので、3つ違いの妹のことも子供のころか …

スポーツマンだった「弟」

年が明けて間もないころ、愛する弟が73歳でスポーツマン人生の幕を閉じた。 5年前から肺がんを患い、免疫療法や放射線治療等が功を奏し一時復帰して仕事も再開し ていたが、やはりがん細胞との闘いに勝てず、静 …