社長ブログ

出来事

半世紀ぶりの再会

投稿日:2018年12月24日 更新日:

平成が間もなく31年で終わろうとしている。
激動の昭和は倍近く64年続いた。先の世界大戦のさなかに生まれ、学生運動はなやかなり
し頃、京都大学経済学部の門をくぐった。
学部のゼミ仲間とは卒業後も頻繁に会っていたが、入学間もない教養課程時代に同じクラ
ス(EI)で机を並べた仲間とはなかなか出会うことがなく、先日半世紀ぶりに再会した。
東京在住の10名近い仲間が集ったが、「久しぶりだなー」と言いつつもすぐには名前が出
てこない。
しばらくすると顔と名前が一致、「元気か?」「どこに住んでる?」「今は何してる?」
と屈託ない話が途切れない。
そのうち「当時仲の良かった田辺君はどうしたかな?」と聞くと、彼と同じゼミで親しく
していた小田君から「数年前に亡くなってなー」とのこと、また「長身でかっこよかった
青木君は?」と尋ねると、やはり青木君と同じゼミの桂君から「海外暮らしが長く、アメ
リカ人と結婚したがいつのまにか連絡が取れなくなった」といった寂しい話も出てくる。
総勢55名のクラスだったが消息が分からない者も増えてきている。
それでも、この数年でこのクラス仲間たちの集まりも増え、その輪が次第に広がりを見せ
てきているようだ。
今回の集いも、そんな動きが広がる中で、こちらにも声がかかり東京駅にほど近いホテル
の中華料理屋で夕刻ビールやウイスキーを飲みながら旧交を温めるところとなった。
久しぶりの再会とあって、これまで歩んできた現役時代の苦労話や老後を迎えてからのめ
り込んでいる趣味(囲碁、俳句など)や健康にまつわる話などが続いていたが、何しろ意
気軒高な学生時代を過ごしてきた論客ぞろいとあってアルコールが進むうちに次第に時事
問題とりわけ外交面でのホットな議論にまで飛び火、時のたつのを忘れてしまうほどであ
った。
あまり飲めない小生をみて「医者に止められているの?」と気遣ってくれたが「いや、見
かけによらず飲めなくて、現役時代は同期3下戸の1人と冷やかされていたほど」と生ビー
ル一杯の後はいつものようにウーロン茶をお代わりする始末。
結構な飲み手もおり、さすがに全盛期に比べると酒量は落ちたといいつつハイボールを何
杯も注文、会計係の幹事がやきもきしていたが、何とか予算の範囲内で収まりほっとして
いた。
次回は、もう少しほかの仲間にも声をかけ、お茶の水駅にほど近いホテルでランチタイム
に集まろうということになり、この日の楽しいひと時は予定時間を大きくオーバーしてお
開きとなった。

-出来事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

谷津バラ園

千葉県には有名な京成バラ園があり、数年前足を運んだことがある。 盛りを過ぎていたため、花はいまいちであったが、ガイドさんの丁寧な説明で多くのことを学び、広い敷地では小学生のミニコンサートにも出くわすな …

色とりどりの春の息吹

今年の桜は例年よりも早かった。 上野公園や近場の桜並木、美浜公園、若潮公園でしばし桜と戯れたが、早くからセットしていたいくつかの同窓会での桜見物は山場を過ぎていたため、いずれも「花より団子」の集いとな …

神保町のレストラン

神田神保町に会社を移して、ほぼ10年になる。 古本屋街で有名だが、意外にもレストラン街としても知られており、特にカレーライス店 の多さには驚く。 カレー通が遠くからやってくることもあり、関西からわざわ …

大文字の送り火

青春時代を過ごした京都の地では、毎年8月16日は「大文字の送り火」と呼ばれる盛大な祭礼が厳かに行われ、全国から多くの観光客が訪れる。 この京の地では、「葵祭」「祇園祭」「時代祭」と並んで京都の四大行事 …

小さな混声合唱団の演奏会に足を運ぶ

この2月は寒い日が多く、雪に見舞われることもあったが、その週末は久しぶりに穏やかな一日となった。 東西線神楽坂駅から徒歩一分、音楽の友ホールで「昌平コール・アブサンズ」という名のささやかな混声合唱団の …