社長ブログ

出来事

加療中の義妹夫妻を見舞う

投稿日:

先日、そぼ降る雨の中、奈良で獣医を営む義妹夫妻を見舞った。
ワイフとは小学校の同級生で1~2年生の時はクラスも同じで時々学校帰りに彼女の家に
立ち寄ったりしていたので、3つ違いの妹のことも子供のころからよく知っていた。
最近、がんを患い、目下闘病中と聞いていたので、見舞いを兼ねて京都から近鉄奈良線に乗り換え自宅まで出かけた。
大きな声で元気のよかった夫君も「目下人工透析中で遠出は無理だが、幸い長女が獣医学
部を卒業、後を継いでくれているので、仕事の方は一安心」とのことであった。
学生時代は、ワイフとこの妹を相手にして、トランプや花札で楽しい青春を過ごし、夫君
とも結婚式や法事の集まりがあると必ずと言っていいほど親戚仲間でマージャン卓を囲ん
だりしていたので、故人となった義兄の在りし日をしのびながら久しぶりに昔話に花が咲
いた。
ただ、義妹の住む街は大阪、京都の近郊ということで、新興住宅地として大々的に開発されたところで、戸建て中心ということもあってか、近所付き合いも長く住んでいる割にはあまりなく、「町内会」や「老人会」といった地域のコミュニテイー活動もさほど盛んではないとのことであった。
数年前までは年二回のフルムーン海外旅行を楽しみにしていたが、体調を崩してからはそ
れも思うに任せず、「ひっそりと暮らしている」とのことで、どちらかというと大柄で活
気があふれていた義妹のすっかりやせ細った姿に接し、胸が詰まる思いがした。
それでも、同じ郷里の鳥取の二十世紀梨やあごちくわ、豆腐ちくわなどで精一杯もてなし
てくれ、別れ際には二人から「電話でいいから時々声を聴かせてほしい」と繰り返され
、「わかった。二人ともまだ若いのだから、ともかく元気で」と励ましつつ再会を約束し
た。

-出来事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヤマモモの季節

この季節になると、待望のヤマモモの実に出会うことが多い。 生り年と生らない年があるが、今年はどうやら生り年らしく、いろんなところで見かける。 かつて幼少期を過ごした鳥取の田舎家の庭にヤマモモの大木があ …

短い秋と衣替え

猛暑に見舞われたこの夏、残暑も厳しかった。 さわやかな秋が待ち遠しかった。鈴虫やコオロギの鳴き声も聞きたかった。 ススキの穂を眺めながら、川べりのジョギングはしばし楽しんだ。 しかし、この楽しみも長続 …

今年の初詣

以前は明治神宮や川崎大師にまで足を運び、なんと2~3時間の行列もものともせず、参拝していた初詣だったが、最近は老境に入り近場で済ませることが多くなってきた。 最寄りの地下鉄東西線で門前仲町駅を降りると …

スポーツマンだった「弟」

年が明けて間もないころ、愛する弟が73歳でスポーツマン人生の幕を閉じた。 5年前から肺がんを患い、免疫療法や放射線治療等が功を奏し一時復帰して仕事も再開し ていたが、やはりがん細胞との闘いに勝てず、静 …

大文字の送り火

青春時代を過ごした京都の地では、毎年8月16日は「大文字の送り火」と呼ばれる盛大な祭礼が厳かに行われ、全国から多くの観光客が訪れる。 この京の地では、「葵祭」「祇園祭」「時代祭」と並んで京都の四大行事 …