社長ブログ

映画

二つの異色話題作

投稿日:2018年5月14日 更新日:

GWの後半は、暇に任せて洋画話題作の観歩きをした。

一つは人気絶頂の「アベンジャーズ インフィニテイー ウオー」で、もう一つはこれまたフィギュアスケート界を揺るがした「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」である。

前者は、2008年の「アイアインマン」から2018年の「ブラックパンサー」まで18本ものヒーロー映画を展開してきたいわゆるマーベル・シネマテイック・ユニバースのシリーズもので興行成績も含め世界映画史上最も成功を収めた作品群で、今回はその最新作で集大成ともいえる。

アベンジャーズとは、人類を守るために最強ヒーローたちが集結した究極のチーム。

その最強チームに立ち向かうのが全宇宙の破壊をもくろむとてつもない超強力パワーのラスボス・サノス。

宇宙にある究極の力を持つ秘石このインフィニテイー・ストーンの争奪をめぐり、アベンジャーズとサノスの死闘が繰り返される。

アベンジャーズの劣勢をみて、途中からドクター・ストレンジ、スパイダーマン、ブラックパンサー、ウインターソルジャーさらにはガーデイアン・オブ・ギャラクシーまでもが参戦するが、サノスの怪物ぶりに翻弄される。

観客はさすがに若者が多く、あまりのスリルとめまぐるしい死闘の展開に、さすがに年寄りにはしんどく、炸裂音を子守歌にしてしばし居眠りの休息が必要な作品であった。

一方の、「アイ、トーニャ」はトップアスリートによる驚愕の暴力事件「ナンシー・ケリガン襲撃事件」として一時スケート界を揺るがしたことがあり、記憶にもあったので、あるいはご存知の方もあるかと思う。

1994年のリレハンメル五輪の代表選考会となる全米選手権の会場で優勝候補と目されていたナンシー・ケリガンが何者かに右ひざを殴打され欠場、トーニャ・ハーデイングが優勝を飾る。

事件から2週間後トーニャの元夫らが犯人として逮捕され、トーニャにも嫌疑がかかる。

泥沼の訴訟に巻き込まれるが、最終的には彼女の主張が通り、オリンピックに出場する。

しかし運命のいたずらか突然の靴紐の不具合に見舞われ8位に終わり、特例出場したナンシーが銀メダルを獲得する。

ちなみにこの五輪の金メダルは全盛期のあのカタリナ・ビットであった。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「家族はつらいよ」シリーズ

山田洋次監督、渥美清主演の「男はつらいよ」シリーズにはまった頃がある。 葛飾柴又の団子屋を舞台に、主役の「フーテンの寅さん」はたった一人の妹さくら(倍賞千恵子)とおじさん、おばさん、甥坊主そして寺の住 …

人気映画「ボヘミアン・ラプソデイ」を観る

デイズニーランド併設のシネコン「イクスペアリ」に足を運ぶことが多いが、満席になる作品に出会うことは少ない。 久しぶりに超人気作「ボヘミアン・ラプソデイ」に出会い、ようやく空席を見つけ、しばしこの伝説の …

懐かしの「デイア・ハンター」を観る

若き日のロバート・デ・ニーロ(マイケル)、クリストファー・ウオーケン(ニック)そ してあのメリメ・ストリープ(リンダ)といった名だたるオスカー俳優たちが一堂に会し た、名作「デイア・ハンター」を観た。 …

米大統領選をめぐる実話「フロントランナー」を観る

時は1984年、史上最年少の大統領選候補者としてコロラド州選出の上院議員ゲイリー・ハートがさっそうと登場する。 ライバルのアル・ゴアやマイケル・デユカキスらを抑え圧倒的支持を得て選挙戦がスタートして3 …

映画通での超話題作「カメラを止めるな」を観る

今、映画ファンの間で話題沸騰のゾンビ映画「カメラを止めるな」を近場の映画館で見た。 都心の映画館では超満員続出とあって、行きつけのデイズニーイクスペアリのシネコンで 何とか潜り込めた。 制作費はわずか …