社長ブログ

社会

七夕の西日本集中豪雨に思う

投稿日:2018年7月16日 更新日:

七夕の雨は牛車から飛び散るしぶきとされ、「洗車雨」とも呼ばれる。

牽牛が織姫との逢瀬に備えて牛車を洗車したとのたとえらしい。

今年の七夕の雨は、こんなロマンとは程遠く、とてつもない豪雨が西日本中心に襲った。

数多の死者が出て、いまなお安否不明の人たちが少なからずある。

ゆかりのあった広島や山口さらには京都、福知山と被害地域は広く、友人、知人から相次いで無事を知らせるメールが届き一安心した。

ただ、水害の後遺症は根深く、浸水した家屋や道路の復旧はもちろん、長く避難生活を強いられる場合が少なくなく、被災者の皆さんのご苦労のほどが痛く胸にしみる。

同じ七夕の夜、住んでいる千葉は地震に見舞われた。幸い周辺も含め被害はほとんどなかったが、揺れが続いたさなかはマンション内の緊急速報が流れ、緊迫感が漂った。

このところ、この列島は相次いでさまざまな自然災害に見舞われるが、同じ七夕の日はオウムの首謀者たちの処刑がなされたこともあり、一部に「彼らの怨念が引き起こしたのでは?」との恐ろしい声もあったが、何の因果関係もないことを祈るばかりである。

住んでいるマンションの広場では、恒例の七夕祭りが催され、子供たちの色とりどりの短冊が2メートルほどの小さな竹に群がるようにぶら下がっていた。

その中の気に入った一句。

くちげんかに強くなりますように

いつも口達者な姉にやり込められて悔しがる弟の姿が浮かんで思わず頬が緩んだ。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「安全か?」「安心か?」そして「快適か?」

金融界に長く身を置いていたが、ある日突然「民営化された高速道路会社の経営をやってほしい」との全く場違いな話が見込んできたのはいまから5~6年前のことである。 「どうしてですか?」と尋ねたところ、「民営 …

記録的寒波襲来と釧路の思い出

今年の冬は寒く、1月下旬に入り都心では最低気温が1970年1月以来48年ぶりの零下4度を記録した。 日陰になるとところどころ雪が残り、凍結した路面をおそるおそる歩きながら会社に向かうサラリーマンの姿が …

稲盛さんの「盛和塾」解散について

先日、京セラ創業者のカリスマ経営者稲盛さんが「来年末をもって盛和塾を解散、36年の 幕を閉じる」と公表し、衝撃が走った。 国内外に56(うち海外44)の塾を開講、14千人もの塾生を生んできたという。 …

2020年の大河ドラマは明智光秀が主人公に

先日、東京オリンピック開催と同じ2020年の大河ドラマに、明智光秀が主人公の「麒麟がくる」と決まり、しかも光秀役は目下人気俳優として名高い長谷川博己がやる、ということで、福知山の仲間たち(小学校時代の …

貴乃花の引退騒動をどう考える

先日、大横綱として一時代の大相撲人気を背負った貴乃花(親方)が公益財団法人「日本相撲協会」へ引退届を提出、相撲界はもとより大げさに言えば国を挙げての大騒ぎとなっている。   その背景にはいろ …