社長ブログ

社会

七夕の西日本集中豪雨に思う

投稿日:2018年7月16日 更新日:

七夕の雨は牛車から飛び散るしぶきとされ、「洗車雨」とも呼ばれる。

牽牛が織姫との逢瀬に備えて牛車を洗車したとのたとえらしい。

今年の七夕の雨は、こんなロマンとは程遠く、とてつもない豪雨が西日本中心に襲った。

数多の死者が出て、いまなお安否不明の人たちが少なからずある。

ゆかりのあった広島や山口さらには京都、福知山と被害地域は広く、友人、知人から相次いで無事を知らせるメールが届き一安心した。

ただ、水害の後遺症は根深く、浸水した家屋や道路の復旧はもちろん、長く避難生活を強いられる場合が少なくなく、被災者の皆さんのご苦労のほどが痛く胸にしみる。

同じ七夕の夜、住んでいる千葉は地震に見舞われた。幸い周辺も含め被害はほとんどなかったが、揺れが続いたさなかはマンション内の緊急速報が流れ、緊迫感が漂った。

このところ、この列島は相次いでさまざまな自然災害に見舞われるが、同じ七夕の日はオウムの首謀者たちの処刑がなされたこともあり、一部に「彼らの怨念が引き起こしたのでは?」との恐ろしい声もあったが、何の因果関係もないことを祈るばかりである。

住んでいるマンションの広場では、恒例の七夕祭りが催され、子供たちの色とりどりの短冊が2メートルほどの小さな竹に群がるようにぶら下がっていた。

その中の気に入った一句。

くちげんかに強くなりますように

いつも口達者な姉にやり込められて悔しがる弟の姿が浮かんで思わず頬が緩んだ。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

M-1 グランプリ

最近、漫才や落語を聞く機会が増えてきたように思う。 大阪の北野天満宮近くに「繁昌亭」というこじんまりとした落語寄席の小屋があるが、そこで若手落語家4人の噺を聴く機会があった。 それぞれになかなかの芸を …

緒方貞子さんの死を悼む

 日本人としては初の国連難民高等弁務官を務められ、その後JICA(国際協力機構)理事長も務められた緒方貞子さんがこのほど92歳で亡くなった。  ご夫君の四十郎さん(緒方竹虎元自由党総裁の子息)は5年前 …

日本人初のメジャーリーガー

サッカー人気に押され、プロ野球ファンは少なくなったが、メジャーリーグで活躍する二 刀流の大谷翔平に胸躍らせるファンは少なくない。 ところで、「村上雅則」というプロ野球選手がいたのをご存じだろうか? 彼 …

平成から令和へ

平成が31年で終わり、新しい令和の時代になった。 平成はどんな時代だったのか?どんな出来事があったか?自らの体験も踏まえつつ、少し 振り返ってみたい。 昭和が終わるころ、日銀の中間管理職を終え、支店長 …

西郷どんの人気

歴史小説、時代小説、とくに剣豪物やドキドキ物にめっぽう強い友人がいる。 池波正太郎の「鬼平犯科帳」や藤田まことの「必殺シリーズ」に傾倒、テレビドラマも含めて、かなり詳しくいろいろ教わることが多い。 N …