社長ブログ

ビジネス 社会

カルロス・ゴーン解任劇をどう考える

投稿日:


日産自動車救世主ともてはやされたカルロス・ゴーンが解任された。
この事態をどう考えるか?
様々な側面があり、単純に「ワンマン経営者の末路」とひとくくりにできないようである

確かに、日産再建のためルノーから送り込まれたゴーンの大胆なリストラ手法はこれまで
の日本人経営者が取り組んできたものとは様変わりの激しさで、V字回復の立役者、日産
の救世主ともてはやされ、その成果は目を見張るものがあった。
一方で、その裏ではあくどいまでの私利私欲にまみれたカリスマ経営者の負の側面が内在
、今回の事態を招いたことは否めないように思う。
まさに「光と影」を彷彿とさせる辣腕経営者そのものであるが、それだけにショックは大
きく、日本列島にかってないほどの激震が走っている。
さらに問題の根は深く、ルノーという会社にフランス国の資本が入った準国策会社的側面
があるだけに、事態は外交問題にまで発展しかねない様相を呈している。
しかも、ルノーの日産への出資が43%も占めているのに対し、日産のルノー出資は15%に
とどまり、さらに業績は日産がルノーを大きくサポートしてるというから、事態は複雑化
してくる。
外野席からは、「とんでもない破格報酬であきたらず違法な私利私欲経営は言語道断」と
か、「ゴーンのような首切りリストラならだれでもできる」、「提携関係を早急に解消す
ればいい」といった声もあるが、そう簡単な話でもない。
今回の解任劇には、このように様々な側面があるが、事態はまだ始まったばかりであり、
ゴーン容疑者の司法の場での裁きや日産・ルノーという企業の帰趨はもとより、公的色彩
を帯びた企業を巻き込んでの紛糾に対する両国の対応も含め、今後の成り行きが注目され
る。

-ビジネス, 社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

稲盛さんの「盛和塾」解散について

先日、京セラ創業者のカリスマ経営者稲盛さんが「来年末をもって盛和塾を解散、36年の 幕を閉じる」と公表し、衝撃が走った。 国内外に56(うち海外44)の塾を開講、14千人もの塾生を生んできたという。 …

今年の夏はなぜ暑い?

今年は梅雨明けが早く、7月下中には猛暑に見舞われ、埼玉県熊谷市では7月23日なんと 歴代最高の41,1度を記録したという。 9月上旬ころまで全国的に例年より高温が続き、秋の気温も平年を上回るとの見通し …

W杯サッカーロシア大会雑感

かつてのプロ野球に代わって、サッカー人気がすごい。 なぜだろうか? 巨人、大鵬、卵焼の時代、プロ野球は9連覇のジャイアンツファンで列島は沸き返っていた。 スーパースター長嶋の登場とその背中を追いかけた …

M-1 グランプリ

最近、漫才や落語を聞く機会が増えてきたように思う。 大阪の北野天満宮近くに「繁昌亭」というこじんまりとした落語寄席の小屋があるが、そこで若手落語家4人の噺を聴く機会があった。 それぞれになかなかの芸を …

貴乃花の引退騒動をどう考える

先日、大横綱として一時代の大相撲人気を背負った貴乃花(親方)が公益財団法人「日本相撲協会」へ引退届を提出、相撲界はもとより大げさに言えば国を挙げての大騒ぎとなっている。   その背景にはいろ …