社長ブログ

ビジネス 社会

カルロス・ゴーン解任劇をどう考える

投稿日:


日産自動車救世主ともてはやされたカルロス・ゴーンが解任された。
この事態をどう考えるか?
様々な側面があり、単純に「ワンマン経営者の末路」とひとくくりにできないようである

確かに、日産再建のためルノーから送り込まれたゴーンの大胆なリストラ手法はこれまで
の日本人経営者が取り組んできたものとは様変わりの激しさで、V字回復の立役者、日産
の救世主ともてはやされ、その成果は目を見張るものがあった。
一方で、その裏ではあくどいまでの私利私欲にまみれたカリスマ経営者の負の側面が内在
、今回の事態を招いたことは否めないように思う。
まさに「光と影」を彷彿とさせる辣腕経営者そのものであるが、それだけにショックは大
きく、日本列島にかってないほどの激震が走っている。
さらに問題の根は深く、ルノーという会社にフランス国の資本が入った準国策会社的側面
があるだけに、事態は外交問題にまで発展しかねない様相を呈している。
しかも、ルノーの日産への出資が43%も占めているのに対し、日産のルノー出資は15%に
とどまり、さらに業績は日産がルノーを大きくサポートしてるというから、事態は複雑化
してくる。
外野席からは、「とんでもない破格報酬であきたらず違法な私利私欲経営は言語道断」と
か、「ゴーンのような首切りリストラならだれでもできる」、「提携関係を早急に解消す
ればいい」といった声もあるが、そう簡単な話でもない。
今回の解任劇には、このように様々な側面があるが、事態はまだ始まったばかりであり、
ゴーン容疑者の司法の場での裁きや日産・ルノーという企業の帰趨はもとより、公的色彩
を帯びた企業を巻き込んでの紛糾に対する両国の対応も含め、今後の成り行きが注目され
る。

-ビジネス, 社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

記録的寒波襲来と釧路の思い出

今年の冬は寒く、1月下旬に入り都心では最低気温が1970年1月以来48年ぶりの零下4度を記録した。 日陰になるとところどころ雪が残り、凍結した路面をおそるおそる歩きながら会社に向かうサラリーマンの姿が …

平昌五輪を振り返って

2月ラストの日曜日で18日間の平昌冬季五輪の熱戦の幕が下りた。 開催までは、ロシアのドーピング問題や北朝鮮との南北合同チーム結成などが絡み、何かと気をもんだ平昌大会ではあったが、幕が開くと日本選手の活 …

北海道南西部地震に思う

平成が終わろうとしているが、始まって間もないころ(今から30年前)、二年半ほど釧路 に赴任していたことがある。 たくさんの思い出があり、北海道は懐かしい土地である。 温泉が多く地震災害は少なくない地域 …

羽生(はにゅう)選手の連覇

今回の平昌冬季五輪では、フィギュアスケートで羽生選手が66年ぶりのオリンピック金メダル連覇という歴史的偉業を成し遂げた。 その日の日本列島はあちこちで「万歳三唱」のどよめきが巻き起こり、有力紙は号外ま …

今年の夏はなぜ暑い?

今年は梅雨明けが早く、7月下中には猛暑に見舞われ、埼玉県熊谷市では7月23日なんと 歴代最高の41,1度を記録したという。 9月上旬ころまで全国的に例年より高温が続き、秋の気温も平年を上回るとの見通し …