社長ブログ

書籍

「高倉健 その愛」を読む

投稿日:2019年12月9日 更新日:

小田貴月(たか)の手になる追悼本を読んだ。

多くのファンから惜しまれつつ役者人生を終えた高倉健(本名小田剛一)について本コラムでも雑文を載せたことがある。この度、死して5年「人知れず暮らした17年の日々。孤高の映画俳優が最後に愛した女性による初めての手記」であり、「彼からのリクエストはたった一つ『化粧をしないでください』だった」と控えめに語る養女(56歳、実質的には愛人)の追悼文集である。

彼のファンは、その人柄や作品もあって幅広く、女性はもとより、男性からも愛された。

俳優仲間はもちろん、監督、カメラマン、裏方など多岐にわたり多くの追悼文が寄せられたので、素顔やエピソードについて知っている人も少なくないと思う。

著者は女優を経て、海外ホテル紹介番組のデイレクター、プロデユーサーを経験しているというから、筆力もなかなかのもので、以下の章に分けて、想い出の数々を書き綴っているが、さらりとしたなかに巧まざる愛がちりばめられており、心を揺さぶられながら一気に読み終えた。

序章 僕のこと書き遺してね・・・高倉健からの宿題

第一章 高倉健への旅のはじまり・・・伴奏者への覚悟

第二章 時を綯(な)う・・・寄り添った日々

第三章 言葉の森・・・作品、共演者、監督のこと

第四章 TAKAKURA’S FAVORITE MOVIES・・・ローマの休日、ゴッドファーザー、ショーシャンクの空に等々

樹影澹・・・あとがきにかえて

数多くの作品にまつわるエピソードのほか、監督とのやりとり、趣味、嗜好(タバコはやらず無類のコーヒー党)、さらには愛妻江利チエミとの結婚、離婚、死別などにも触れられており、晩年の比叡山高僧阿闍梨師との交流もなかなか深いものがある。

著者は、17年前の香港での出会いから死の間際まで献身的に半生を寄り添ったが、没後数週間もの長きにわたり逝去の事実をマスコミに一切伏せ、一部心ない週刊誌でその謎めいた死とともに相続問題をめぐる肉親(妹)との確執報道も流布されるなど、トップスターにまとわりがちなスキャンダルにも見舞われた。

あとがきでは、「晴れた日の夕暮れに自宅の室内に柔らかに差し込んでくる陽は、白壁をたおやかな黄金色に染めました。高倉はその陽の中で、葉影が風にそよぐ様子に何か想を重ね合わせるように穏やかな眼差しで佇んでいました。束の間に消えゆくその様は私には影向のように思え、高倉の心をそっと温めてくれるひとときへの感謝を込めて「樹影澹(風や波によってゆったりと動くさま)と名付けました」と括っており、そのひたむきで深い秘められた愛の姿が胸を打つ。

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

上念司の「経済で読み解く日本史」を読む

入院中に娘が差し入れてくれたいくつかの本の中に、掲題の本があった。 時代別で、「室町戦国」「安土桃山」「江戸」「明治」「大正昭和」の5時代に分かれており、江戸時代を読み終えたところである。 著者は、元 …

「劉邦」を読む

かつて毎日新聞でちょっと読んだことのある宮城谷昌光著の「劉邦」が、このほど大活字 の文庫本として再出版された。 かなりの長編物であるが、夏の暑さを吹き飛ばすには手ごろな物語とあって、4部作の長 編物を …

山本周五郎の「寝ぼけ署長」を読み返す

ちょっと前になるが、このブログで山本周五郎作品の「青べか物語」をご紹介したことがある。 山本周五郎は藤沢周平と並んで、かつて片っ端から読み漁った大好きな作家のひとりであり、しかも今住んでいる千葉県浦安 …

情報学者落合陽一の警告書二冊

このところ最も注目している若手学者に「落合陽一君」がいる。 有名なあの落合信彦氏の子息であるが、このことはあまり知られていない。 彼が立て続けに日本への警告書ともいえる二冊の本を出した。 メデイアアー …

「挺差一尺」を読む

東京に住む京都山城高時代の同級生たちと時々会う。 その中に、無類の読書好きがいて、結構気に入った作品があると一読を薦めてくれる。 京大では当初文学部に入学、2年生から経済学部に転部したが、本好きは今も …