社長ブログ

書籍

「劉邦」を読む

投稿日:2018年8月20日 更新日:

かつて毎日新聞でちょっと読んだことのある宮城谷昌光著の「劉邦」が、このほど大活字
の文庫本として再出版された。

かなりの長編物であるが、夏の暑さを吹き飛ばすには手ごろな物語とあって、4部作の長
編物を買い込んで読み直した。

この手の本では、まずバイブルとされるのは江戸期の読本「漢楚軍団」であるが、歴史本
愛好家の間で有名なのは司馬遼の「項羽と劉邦」である。

何れも、秦の始皇帝の暴政滅亡後の覇権争いを描いたもので、不世出の武人で知略に優れ
峻烈極める戦いで幾多の武功を挙げるが、その厳しさがゆえに31歳の若さで自害に追い込
まれていった項羽と農民上がりだが部下に恵まれ最後は漢帝国の高祖にまで上り詰める劉
邦の長い戦いをテーマとしている。

さしずめ、日本の戦国期にあてはめるとすれば、信長タイプの項羽と家康タイプの劉邦と
いったところか。

ただ、司馬遼もそうであるが、どちらかというと知略に優れながらも悲運の最期を遂げる
項羽ファンが多く、おっとり型でさほどの戦上手でもない劉邦にはさほどの魅力を感じな
いとする向きが少なくない。

彼の取り巻きには以下のような難解な名前の優れた補佐陣が輩出、要所要所で彼を助け、
何度も窮地を逃げ延びて、何とか皇帝の座まで上り詰める。

本人も、「百戦百敗」と再三にわたり弱音を吐くほど「戦下手」であるが、その温容な人
柄と気前の良さ、酒好きで女好きの飾らぬキャラクターが配下をひきつけ、軍団の勢力は
時間の経過とともに拡大していく。
呂雉(リョチ、正妻)
擁歯(ヨウシ)
張良(チョウリョウ)
樊噲(ハンカイ)
夏候嬰(カコウエイ)
肅何(ショウカ)
韓信(カンシン)
周勃(シュウボツ)
これらに逸材を覇権確立後、要所要所に重用し政権基盤を盤石にしていったのは言うまで
もない。

もちろん時代も舞台も異なるが、国のリーダー像を考える上でも示唆するところの少なく
ない大切な読本と言えよう。

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「藤沢周平のこころ」を読む

本コラムで、司馬遼太郎、山本周五郎そして、藤沢周平が三大愛好作家であることには再 三触れさせていただいた。 先日、周五郎の長編小説「樅の木は残った」を読了、伊達藩騒動で濡れ衣を着せられる原 田甲斐の生 …

「挺差一尺」を読む

東京に住む京都山城高時代の同級生たちと時々会う。 その中に、無類の読書好きがいて、結構気に入った作品があると一読を薦めてくれる。 京大では当初文学部に入学、2年生から経済学部に転部したが、本好きは今も …

「会社人生、五十路の壁」

江上剛という作家の本である。 サラリーマンの分岐点というサブタイトルがついている。さほど有名ではないが、以前か ら少し気になっていた作家なので、初めて手にした。 1954年兵庫県生まれで、早稲田大学卒 …

山本周五郎の「ながい坂」を読む

山本周五郎は司馬遼太郎、藤沢周平と並んで大好きな作家である。 この三人の作品は、かつてむさぼるように読みふけり、書斎にも今もなお多くの作品が並んでいる。 この難しい時代に最も読んで教わるところの多いの …

情報学者落合陽一の警告書二冊

このところ最も注目している若手学者に「落合陽一君」がいる。 有名なあの落合信彦氏の子息であるが、このことはあまり知られていない。 彼が立て続けに日本への警告書ともいえる二冊の本を出した。 メデイアアー …