社長ブログ

「最後の頭取」を読む

2019/03/18   -書籍

日本経済がまだ高度成長の余韻に浸り、都長銀信託というメガバンクが23行もあった頃、 日銀営業局で三井、長銀、拓銀の三つの銀行を担当していた。 今となってはいずれも姿を消しているが、都銀しんがりの拓銀は …

スポーツマンだった「弟」

2019/03/11   -出来事

年が明けて間もないころ、愛する弟が73歳でスポーツマン人生の幕を閉じた。 5年前から肺がんを患い、免疫療法や放射線治療等が功を奏し一時復帰して仕事も再開し ていたが、やはりがん細胞との闘いに勝てず、静 …

小さな混声合唱団の演奏会に足を運ぶ

2019/03/04   -出来事

この2月は寒い日が多く、雪に見舞われることもあったが、その週末は久しぶりに穏やかな一日となった。 東西線神楽坂駅から徒歩一分、音楽の友ホールで「昌平コール・アブサンズ」という名のささやかな混声合唱団の …

米大統領選をめぐる実話「フロントランナー」を観る

2019/02/25   -映画

時は1984年、史上最年少の大統領選候補者としてコロラド州選出の上院議員ゲイリー・ハートがさっそうと登場する。 ライバルのアル・ゴアやマイケル・デユカキスらを抑え圧倒的支持を得て選挙戦がスタートして3 …

樹木希林「一切なりゆき」を読む

2019/02/18   -書籍

先日、75歳の生涯を終えた樹木希林(悠木千帆)の言葉集「一切なりゆき」が出版され、書店に平積みされているので、手に取ってめくっていった。立ち読みしているうちに引き込まれ購入した。   話題に …

情報学者落合陽一の警告書二冊

2019/02/11   -書籍

このところ最も注目している若手学者に「落合陽一君」がいる。 有名なあの落合信彦氏の子息であるが、このことはあまり知られていない。 彼が立て続けに日本への警告書ともいえる二冊の本を出した。 メデイアアー …

懐かしの「デイア・ハンター」を観る

2019/02/04   -映画

若き日のロバート・デ・ニーロ(マイケル)、クリストファー・ウオーケン(ニック)そ してあのメリメ・ストリープ(リンダ)といった名だたるオスカー俳優たちが一堂に会し た、名作「デイア・ハンター」を観た。 …

大坂なおみの快挙と歴史に残る全豪オープン

2019/01/28   -社会

今回の全豪オープンでは、大坂なおみの快挙とともに、歴史に残る様々な出来事があった。 大坂選手の全米に続いての快挙は、この21歳の若きプレイヤーが世界のテニス界の女王 としてしばらく君臨する予兆を思わせ …

話題の書「府中3億円事件を計画・実行したのは私です」を読む

2019/01/21   -書籍

刺激的なタイトルで書店をにぎわせているこのタイトルの本を手にした。 読むかどうか? しばらくためらっていたが、白田という著者が書き出しで「読者の皆さん。ようやく心を 決めました。この場を借りて、ひとつ …

シルバーレデイの麻雀ブーム

2019/01/14   -出来事

このところ、周囲の同世代70~80台の老婦人たちの間で、麻雀人気が高まってる。 かつては麻雀と言えば、サラリーマン男子の娯楽で最も人気があり、「会社に行く日数よ りも麻雀の日のほうが多い」といった話も …