お電話でのお問い合わせ 03-5281-1081

メールでの問い合わせ

トップページ >MRI 社長のつぶやき

MRI 社長のつぶやき

M-1 グランプリ

最近、漫才や落語を聞く機会が増えてきたように思う。
大阪の北野天満宮近くに「繁昌亭」というこじんまりとした落語寄席の小屋があるが、そこで若手落語家4人の噺を聴く機会があった。
それぞれになかなかの芸を披露してくれ、時のたつのを忘れるほどであった。
観客は20~30人と少なかったが、一生懸命で汗をふきふきの熱演ぶりに好感が持てた。
古典もあれば、創作落語もあり、バラエテイーにも富んでいた。
往年の桂三枝(現文枝)や笑福亭鶴瓶ほどの人気はないが、若手らしい新鮮さに好感が持てた。
一方、漫才のほうはなかなか直に聴く機会がないが、先日テレビ番組で若手漫才師の登竜門ともいえる「MIグランプリ」をたまたま見たところ、なかなかのものであった。
芸歴15年以内の4094組が予選に参加、決勝は敗者復活を含む10組で争われた。
今年は「とろサーモン」が栄えある優勝に輝き、優勝賞金10百万円を手にした。
総勢7人の審査員の顔ぶれも多彩で、各100点、合計700点満点で採点される。
個性ある審査員のなかでも、とりわけ上沼恵美子嬢?の毒舌ぶりや感動コメントには知らない間に引き込まれていた。
このほか、オール巨人や松本人志、小朝、中川家、渡辺正行、博多大吉といった名うての審査員も加わり、時に辛辣、時に激励のコメントが後輩芸人の胸に響いたように思う。
司会の今田浩司と上戸彩の熱のこもった司会ぶりもよかった。
今年は観客席からの拍手が例年以上に多く、一部には「甘すぎる」といった指摘もあったが、その場の盛り上がりには大いに役立ち、若手芸人にとっても背中を押されている感じがしたのではなかろうか。
いずれにせよ、この「MIグランプリ」はあくまでも登竜門で、これからの成長が楽しみである。

GET OUT を観る

最近、アメリカでもっとも稼いだ映画とされる注目作「GET OUT(ゲット・アウト)」を観た。
日本ではあまり話題にもならず、観客も少なかった。
人種問題というシリアスなテーマに取り組んだホラー映画で、オバマ政権下の2017年に生まれ、「この映画でアメリカの黒人問題は峠を越した」と騒がれた。
その後、どちらかいうと白人崇拝色が強いと目されるトランプ政権が発足、「いまなお人種の壁は厚い」とする見方も少なくない。
以前、「ミシシッピーバーニング」いうこの問題に正面から取り組んだ映画を観たが、今回はホラー作品ということもあってか、それほどの重苦しさは感じられなかった。
NYに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリス(ダニエル・カルーヤ)は、とある週末白人の彼女ローズ(アリソン・ウイリアムズ)の実家で過ごすことになる。
ローズの両親はリベラルな医師で二人の交際を一見理解しているが、弟はクリスへの反感が強い
管理人と家政婦は黒人だが、それぞれにローズに強い関心を示す。ヘビースモーカーのクリスは禁煙のため、精神科医の母親から催眠療法を進められそのまま気を失う。
翌日、裕福な白人仲間を呼んでのガーデンパーテイーで、カメラを回すクリスは、唯一の黒人客ローガン(妻は富裕層白人)に血を流しながら襲いかかられ、突然「出ていけ」とののしられる。
得体の知れない異様さに巻き込まれ、クリスはローズとともに実家からの脱出を敢行するが、エンデイングには予想外の結末が待ち受けている(マル秘)。
アメリカの人気コメデイアンの初映画監督作で、お笑いとは程遠い本格的ホラー作品として見事に仕上がっているが、人種問題への関心がさほどでもない日本ではなかなか人気が出ないのもどことなくうなずける。